08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立山の旅①

神戸での結婚式の後は、そのまま富山県に行ってきました~。

目的はこれ。「雪の大谷」でございます。
SN3J0772_convert_20100510220901.jpg
立山黒部アルペンルートに期間限定で出現する雪の壁を見に行ってきました。

神戸を出てから、7時間。渋滞に阻まれながら富山県入り。
車中にて仮眠をとっていざ立山へ。
アルペンルートは自家用車は通行不可なので公共交通機関を使います。

まずは立山駅からケーブルカー~高原バスにて観光の中心室堂に行くのですが、、、、。

6時前に起き、準備をして6時半に切符売り場に行ったら既に長蛇の列

切符を買うだけで30分掛かりました。
そして取れた室堂行き直行バスの出発時間は10時10分。。。

さすがGWです。仕方ないので再び仮眠。
今度から準備は後でいいから切符だけ先に買いに行こう。。。


GWは特別に立山駅から臨時の直行バスが出ていたのでそちらを利用しました。
バスに揺られる事70分。
どんどん雪深くなり森林限界も越えやっと着きました。室堂ターミナル。
立山越えをする大きな中継地なので多くの人でごった返してました。
そこから10分歩くと見えてくるのが「雪の大谷」です。
SN3J0767_convert_20100510220830.jpg
気温9度。結構暖かい方。吹雪だと0度とか普通らしい。
みんな冬の格好です。
今年は15メートルと平年並みだそう。
SN3J0773_convert_20100510220920.jpg 上の写真はバスが3メートルくらいなので12メートルくらい??

大谷の上をウォーキング。
SN3J0774_convert_20100510220938.jpg
やっぱり人が多かった~。

そして今回はこの室堂にお宿を取りました。
「みくりが池温泉」
SN3J0775_convert_20100510220957.jpg
遠くに見える建物です。ターミナルから雪道を歩いて10分。
一応トレッキングシューズは履いてたけど雪がしまっているので滑って怖かった~。
アイゼンが欲しいくらい。
それにしても超いい天気で空が青い。一面白と青の世界。
遠くには剣岳も見えました。

一旦お宿にチェックインして温泉へ~。
ここのお宿には日本一高い所にある温泉があるそうです
少し下の地獄谷から汲みあげた賭け流しの温泉
しかも掃除の1時間以外は入りたい放題~
11時とまだ時間があるので温泉入ってきました。
硫黄のにおいと湯の花がたっぷりの温泉。贅沢。

まったりした後は夕食まで時間があるので
スノーシューを借りて近くを探検してきました。
みくりが池(冬は凍って雪の下だけど)を1周5キロウォーキング。

そしたらなんと雷鳥を発見!!
SN3J0780_convert_20100510221034.jpg
わかりますか~。木の下辺りにいます。2羽います。
会えるとは思わず、興奮しちゃいました。
そしたら傍にあったハイマツの木を踏んづけてて怒られた。
ハイマツは雷鳥にとっても大切な木だそうです。
マナーは大切にしなきゃなと反省。

そしてまだまだ歩く。と、雪遊びしている人が沢山いましたよ。
ひとりでジャンプ台作って飛んでるボーダー
SN3J0781_convert_20100510221050.jpg
他にもでっかいザックを担いだバックカントリースキーヤーがわんさか。
ま、どこをとってもゲレンデだからね~。
自由気ままに滑っている人を見るといいなーと思いつつ今回はスノーシューで我慢。
スノーシューで走ったり、お尻滑りしてみたりするだけでも雪を満喫できたしね。

で、お宿に戻って17時30分から晩ご飯です。
山とは思えぬ手の込んだ料理でした。
刺身に金目鯛のホイル蒸し、地物のホタルイカ郷土料理等々。

ご飯食べた後は、夕日を見ながら再びお風呂。

夜は天体観測したり、談話室で知らんおっちゃんと話したりして過ごしました。
ただ部屋は2段ベットが4つある共同の部屋なのでちょっと落ち着かなかったりもしますが、
これはこれ、林間学校みたいで楽しかったかな

と言う事で富山の一日目が終わりです。まだ続きます。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。